想像力を豊かにして仕事に活かす方法


最近の若者はコミュニケーション能力が欠如しているとよく言われます。

コミュニケーションン能力とは、相手の気持ちを思いやる力のことです。

これは仕事における人間関係の問題など様々な問題に起因しており、まさに社会問題ととなっています。

相手の気持ちを思いやる力とはなにかというと、想像力のことです。

現代の若者は想像力が欠如しているために、相手を思いやったりまた自分のこの先どういった方法を取ればより良い方向にいくのか等がわからないので、自信を失ってしまったりしやすいという傾向があります。

そもそも想像力とは何でしょうか?

想像力とはそこに実態として存在しない何かを見る力のことです言い換えれば目で見るのではなく心で感じる力であるとも言えます

想像力が豊かであると、相手の気持ちを思いやることができるのはもちろんのこと、自分の行動の予想もできるので、今取るべき最善の方法を見つけやすくなります。

これらの能力は様々な方面の仕事で活かすことができ、今の社会人に一番求められている能力であるといえます。

なのでこれらの能力を仕事に活かすことができれば、あなたは思いもよらぬ結果を手にすることができるでしょう

しかし、想像力が無い人が想像力を豊かにするにはそれなりの努力も必要であることも、忘れてはなりません。

そこで今日は

想像力を豊かにして仕事に活かす方法

と題して想像力を豊かにする方法と、それがどういった仕事に活かすことができるかについて書いていこうと思います。

今現在想像力を豊かにして多方面の仕事に活かすことを考えておられる方<

  • 今現在想像力を豊かにして、多方面の仕事に活かすことを考えておられる方
  • 部下が言われた仕事しかしないと悩んでいる上司の方

ぜひこれを参考にして頂ければと思います。

この方法を実践し、これからの人工知能が人間の仕事を奪っていく時代をしっかりと乗り切っていきましょう。

【スポンサードリンク】

想像力を豊かにして仕事に活かすため実践してほしい5つの方法

 
      • 純粋に楽しむ】想像力が豊かな大先輩といえば、やはり子供であると言えます。子供はすべての体験が初めてであり、純粋に楽しむことができますが、大人は過去の経験や思い込みなどで自分に制限をかけがちです。

        ですからできるだけ何も考えずに、1つのことを楽しんでみるのがいいのではないかと思います。もし子供がいる方であれば、こういったことを意識しながら子供と遊んでみたらいかがでしょうか?

        きっと大先輩方は様々なことを教えてくれると思いますよ。

      • リラックスする

        人間の脳はストレスが多いと、萎縮してしまいなかなか想像力が出ませんが、お風呂や寝る前のひと時などリラックスしている場合には、思いもよらぬ考えが浮かぶことがあります。例えば作曲をしている方は、よくメロディーがお風呂に入っているときに浮かぶといいます。

        ですので1日必ずお風呂などのリラックスする時間に、なりたい自分など仕事以外のことで、考える時間を作ってほしいのです。

      • 歩いてみる

        落ち込んでいたりする時に歩くと不思議と頭が整理されていくような気になります。これは身体で一番大きな筋肉である太ももの筋肉が動かされることにより、脳が刺激を受けるからです。

        また歩くことは。有酸素運動でもありますから血流がよくなり、脳が活発に働くようになります。

        京都の哲学の道があるように、昔の文人は歩きながら考えて数々の名作を生みだしてきました。家の周りを少し歩いてみても、思いもよらぬ発見があります。ぜひ散歩の習慣をつけていきましょう。

      • 習い事をする

        あなたは会社と家の往復になっていることはありませんか?想像力を豊かにするには、様々な分野の知識を得ておくことが重要になってきます。

        しかしなかなか仕事をしながら、勉強していくには難しいもの、ですから最初は料理教室に通うなど趣味の分野から始めてみてはいかがでしょうか?

        知識を広めるだけでなく、新たな出会いを作るのにももってこいですし、もしかしたら自分の中にある意外な才能にも気づけるかもしれません。

      • 好きな音楽を聴く

        好きな音楽を聴くことは、リラックス効果もあり、また想像力を司る脳の部分を刺激します。最近では動画であり、きれいな景色などの映像が流れるものがありますが、想像力をつけるなら、音楽のみを聞くのが、ベストです。そしてできればいろんな場所で聞いてみてほしいのです。

        そうしているうちに自分が一番くつろげる場所がみつかり、それが落ち込んだ時の充電場所になります。

【スポンサードリンク】

想像力をどういった仕事に活かしていけるのか

さて想像力が大切なことはわかりますが、どういった仕事に活かしていくことができるのでしょうか?ここではそれを考えていきます。

まず想像力を活かすことができる仕事として、一番わかりやすいとしたら作家や芸術家だと思います。

ただ作家といった特別な仕事ではなくても、広告のキャッチコピーや宣伝文を書いたりする時でも、想像力があると無いとは雲泥の差があります。

なぜなら想像力を活かすことでお客さんが何を求めているのか、この商品がお客さんのどういう悩みを解決できるかが、ある程度わかるからです

また、医療や介護といった分野でも患者さんの表情や声のトーンから状態を把握でき、臨機応変に動くことができるので、想像力を欠かすことはできません。

このように想像力が豊かであることは私たちがより人間らしく生きるために必要であることがわかります。

まとめ

私たちの周りには、手の届くところにたくさんの物があふれています。

わからないことがあっても、検索すればすぐ出てきますし、アニメやドラマをみてしまうと、小説や漫画を見てもその映像が頭に残り、想像しなくなってしまいます。

ですからあえて「わからない余地」を作り、それはどういうものであるかを意識的に想像してみる習慣をつけていく必要があります。

【スポンサードリンク】

今日も読んで頂きありがとうございました。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2016年9月9日
最終更新日:2016年9月28日

カテゴリー:ビジネス 日常

サブコンテンツ

このページの先頭へ