ワイシャツのアイロンがけはアイロン台なしでOK?代用品を紹介!


ワイシャツのアイロンがけって大変ですね。

家事の中でも嫌われがちなワイシャツのアイロンがけ。
しかし、毎日ワイシャツを着る家庭の主婦にとってみたらアイロンがけはルーティンの一つ。
まるでクリーニングに出したかのように、キレイに仕上げられれば良いのですが、中々上手くいかないのがワイシャツのアイロンがけですよね。

そしてアイロン台なしで出来たらもうちょっと楽なのにと思ったことはありませんか?
意外と場所をとったりするのでアイロン台なしで出来たり、代用出来るものがあると非常に手間が省けると思います。

実際、アイロン台なしでアイロンがけが出来る方法や代用出来るアイテムもでてきており、アイロン台なしでもキレイに仕上げることが出来ます。
そして、代用品も非常にリーズナブルでこの代用品さえあれば問題無しです!

そこで、今回は『ワイシャツのアイロンがけはアイロン台なしでOK?代用品を紹介!』していきたいと思います。

【スポンサードリンク】

アイロン台なしでのアイロンのかけ方

一般的にアイロンのかけ方は4つのポイントがあります。

  • 1.ワイシャツを湿らせる
    アイロンのスチーム機能だけでやろうとすると、繊維に水分が行き届かないので霧吹きを使って湿らせることが大事です。
    しっかりと湿らせてから熱を加えることによってシワになりにくくすることが出来ます。
  • 2.アイロンがけは両手でする
    アイロンをかける前に両手で生地全体を押さえて細かいシワを伸ばしておく下準備をするとよりキレイに仕上がります。
    かけている最中は反対側の手をなるべく遠くに置き生地全体を伸ばしながらアイロンがけするのがコツです。
  • 3.生地が厚い箇所は両面からかける
    生地が厚い部分は片面からだけではシワが取れません。
    襟や袖のシワがしっかりと伸びていればシャキッと見えますし、ジャケットを着ていると最も見られる部分なので、丁寧にアイロンがけをすると良いです。
  • 4.直線的にアイロンを動かす
    曲線に動かすとシワになりがちなので注意が必要です。
    アイロンの先の方ではなく、お尻の方に力を入れてすべるように動かしてアイロンがけするのがコツです。これはアイロン台が使っても使わなくても同様ですので心がけてアイロンがけしてみてください。

そしてアイロン台なしの時の注目ポイントは、ずばり準備するものです。
上述のテクニックを駆使するために広くて平な場所を確保する必要があります。

それは机です。
机がアイロン台代わりになります。

机にバスタオルもしくは手ぬぐいを2枚ほど用意してもらい、机と洗濯物の間に敷きます。
断熱材としての役割なので古くなったものが良いでしょう。
熱で机の塗料なんかが取れないように注意してください。
コタツの机なんかは全く問題ないかと思います。

この点を気をつけてもらいながらアイロンがけすれば、アイロン台の代わりを十分に果たしてくれます。

【スポンサードリンク】

アイロン台の代用品

アイロン台代わりになるものとして、セラミックでできたアイロンマットをはじめ、アイロンミトンなど、手につけハンガーにかけた状態のワイシャツの裏にあててアイロンがけが出来るもの等が販売されています。

アイロン台と比べて場所も取りませんし、価格としても安い物で1,000円以下と低コストです。
アイロン台を買うのはチョット…」って方で、「でも机にバスタオルだけでは不安…」という方にオススメです。

まとめ

キレイに細部までこだわったアイロンがけをしようと思うと非常にめんどうなアイロンがけ。

今回はそんな点から、アイロン台いらずのアイロンがけの方法やアイテムを紹介させていただきました。
これであれば、買わなきゃーと思っていたアイロン台の問題も解消され、場所的に邪魔で手間だった点も解消してくれると思います。

【スポンサードリンク】

毎日のやるべきことに追われている主婦だからこそ、この時短テクニックを存分に使ってみてはいかがでしょうか?

合わせて読みたい記事

記事公開日:2016年9月30日
最終更新日:2016年10月1日

カテゴリー:日常

サブコンテンツ

このページの先頭へ