防災用品の食料品として適しているものは?


東日本大震災から約5年の月日が流れてます。
今年は熊本、鳥取など地震は起きないと思われていた地域でも容赦なくその牙をむいてきたような気がします。

最近、もし東京に直下型の地震が起きたとすればどのような防災措置をひかなければならないかを考えるようになりました。水を含めて食料品、防災用品はあらかじめ用意しておくことが大事なことはだれもが思うことでしょう。
しかし本当に防災にたいする意識や食料品、防災用品などに対する知識などどこまで知ってるかと聞かれると答えまり自信がありません。
だから私たちは地震が起きた時の対策としていかにして防災の意識をたかめ防災用品への知識を深めながら備えをしなければならないのです。

災害が起きた時に一番困るのが水、食料品だと言われております。
ただ食料品であればなんでのいいのではなく災害時に適したのものでなければならないのも事実です。
災害時などに役に立つ防災用品の食料品のご紹介をさせていただきたいと思います。

今回のテーマは【防災用品の食料品として適しているものは?】です。

【スポンサードリンク】

日頃から食べてるものから防災用品の食料品に適してるものを調べました。

ここでは防災用品の食料品をいくつかあげてみましょう。

私が災害時の防災用品の食料品にてきしたもので思い浮かぶのは乾パンです。

しかしこれらを食べ続けるのにはやはり限界があります。
そこで日常で食べてるもので防災用品の食料品に適しているものを調べてみました。

乾パン以外でいろんな防災用品の食料品として適してるものがあります。
冷蔵庫が使えないとう条件で以下のような食料品があげてみました。

主食:無洗米、真空パックのもち、真空パックのごはん、スパゲティー、そうめん、うどん、おかゆ(レトルト)インスタントラーメン、小麦粉など

主食は普段からたべてるものから考えるとあえて買い足すようなものはないはずです。

災害時は乾麺だとゆでるのに時間がかかるのでそうめん、うどん、早ゆでのスパゲティーなどがおすすめです。

おかゆは体調不良のときには助かります。

小麦粉はすいとん、だんご汁などを作るとき重宝します。

野菜、果物:じゃがいも、たまねぎ、ごぼう、にんにく、コーン缶、トマト缶、乾物(干しシイタケ、切り干し大根)など

日頃から食べてるものから考えたいのですがやはり冷蔵ができないということを考えても長期保存ができるものが適してるといえます。

上記のじゃがいも、たまねぎ、ごぼう、にんにくなどは他の野菜、果物と比べて保存がきくので防災用品の食料品と言えます。

コーン缶、トマト缶は何にでも利用できます。

たとえばトマト缶はスパゲティーなどのソースとしても使えます。

乾物などは栄養価も高く水で戻せばいろんなメニューを作ることが可能です。

しかも野菜系の乾物であれば戻し汁がそのままだし汁として使えますので防災用品の食料品には適してます。

【スポンサードリンク】

魚類:魚肉ソーセージ、鮭、さば、いわし、ツナ缶類、かつおぶしパックなど

魚肉ソーセージは練り物のなかでも災害時には欠かせない食料品です。

魚を原料としてるので栄養バランスがいいのは昔から変わってません。

缶詰類もガスが通らないときにそのまま副食としての役割をはたします。

しかも栄養価がたかいのでこれも準備しておけば役に立つ食料品です。

調味料:サラダオイル、みそ、しょうゆ、マヨネーズ、粉末だしなど

日常で使うものとあまり変わらないものですが準備しておくと非常に安心です。
特に粉末だしなどはちょっとした汁物を作るときなどは役にたちます。

飲料もの:スポーツドリンク、お茶、ジュース、コーヒー、ミネラルウォーターなど

災害時は水道がふさがるのはすごくつらいことでこれらは必ず用意しておくべきものです。
特にミネラルウォーターは確保しておきたいものです。

間食類:チョコレート、クッキー、羊羹、ナッツ類など

チョコレートには糖分もふくまれており緊張時には気を落ち着かせる作用もあるので防災用品の食料品として適しています。
海外で冬場の登山で遭難した際にチョコレートでその場を凌いだという例もあります。

まとめとして

【スポンサードリンク】

ここまで調べてみてわかったことは意外に日常とかわらない食料品が適してるということがわかりました。
今の時代はどこで災害にあってもおかしくありません。
私がご紹介したもの以外にもまだ防災用品の食料品に適したものがあるかも知れません。

みなさんもこの機会にもし災害に合った時に何が防災用品の食料品に適してるのかを考えててみてはいかがでしょうか。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2016年11月1日
最終更新日:2017年4月6日

カテゴリー:食事 食品

サブコンテンツ

このページの先頭へ