タオルの洗濯時の毛玉の原因と対策はコレ!


タオルの洗濯時に、できる毛玉の原因って対策があるのでしょうか?

タオルの洗濯で、できる毛玉っていやですよね。

原因と対策を知りたいものです。

そもそも、なんでタオル洗濯で毛玉ができるものなのでしょうか?

原因と対策ってあるのでしょうか?

タオルの洗濯での毛玉の原因と対策どうすればよいのでしょうか?

そこで今回は『タオルの洗濯時の毛玉の原因と対策はコレ!』と題して大公開いたします。

【スポンサードリンク】

洗濯で毛玉が出るのはタオルが原因

洗濯したら小さな毛玉がいっぱい衣類などについてしまった!なんてことはありませんか?その原因を知って対策方法を知れたら嬉しいですよね、ではどうして洗濯で毛玉がでるのかですがそれは、衣類や寝具などとタオルの作られ方の違い、繊維の違いとでも言いますが、その違う者たちを同じ圧力でグルグルと洗濯機で回してると、タオルの繊維は細かいものが抜け出てしまいやいということなのです、またタオルと異なる色物を洗うとその毛玉は余計に目立ちます、乾いたらその毛玉は取れるかと期待しても無理です、乾いても毛玉はついたままになってるのは繊維同士が絡まったままになってますので乾いても毛玉はついたままです。

  • (対策その1)としてはタオルは手触りのよいフワフワを選びたくなるという人は、そのフワフワタオルになればなるほど、洗濯のときの毛玉の原因となりやすいのです新しく購入してきたそのフワフワのタオルだけをコインランドリーなどで洗濯乾燥までかけてみると次回から毛玉が出にくくなるということがあります。
  • (対策その2)近くにコインランドリーがないとか、コインランドリーまでは行くのも面倒という方は、タオルと衣類や寝具モノなどを面倒であっても分けて洗濯することがお勧めします、どうしても繊維の違いがあったり、柔軟剤がふんわり感を出してくれるのですが、フワフワのタオルの繊維も抜けやすくなる原因の一つですからタオルと衣類などは別々に洗濯を回した穂がいいのです。

毛玉ができる原因は素材の違い、素材の硬さの違うモノ同士を一緒に洗濯しても毛玉はできやすくなりますから、やはり柔らかいものと、ゴワゴワしたものなどを一緒にしないことも対策になります。

洗濯ネットの使い方

洗濯ネットはそれぞれの摩擦をできるだけ防いでくれるという働きがあり、絡まりや破れ、ボタンや飾りビーズなどが取れるなどを最小限にしてくれるアイテムですからうまく活用すればとても便利!洗濯ネットにはいろいろ種類があります、1つ目は目が粗いモノは絡まったりを防止してくれます、2つ目は目が細かいネットだったら女性などの洋服のオシャレデザインなどでついているビーズなどを比較的守ってくれます、3つ目は下着専用的ネットは女性のブラなどのワイヤーの変形防止用、4つ目は大きなシーツやタオルケットなどを入れられるネット、5つ目はT型ハンガー型ともいえるネットは衣類の方崩れ防止用などと、洗濯するものによって使い分けをする工夫もされるといいです。

【スポンサードリンク】

タオルの特徴

新しいタオル、それも柔らかいタオルほど細かな繊維が抜けやすくなりますから、面倒でも新しいタオルほど別に洗うというのが毛玉対策になります、上でも書いてますが新しいうちはどうしても細かい繊維が抜けやすいので、タオル同士であっても色が違うものなら別々に洗濯した方がいいです。

まとめ

【スポンサードリンク】

タオルを選ぶときは手触りで選んだり、タオルの特徴や特性などの説明を見て決めたりしますよね、しかし洗濯時の注意など書いてないので他の衣類などと一緒にしてしまって失敗したなどという声も多いので、繊維の違い、素材の違い、色物の違いなどを知ったうえで洗濯をしていくと、お気に入りのものを長く楽しめるコツとなります。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2016年9月19日
最終更新日:2016年9月29日

カテゴリー:日常

サブコンテンツ

このページの先頭へ