マーガリンの危険は本当?トランス脂肪酸ってなに?


最近よくマーガリンが人体に危険を及ぼすなんて聞きますよね。

トランス脂肪酸が悪いらしいですけれども本当そうでしょうか?

トランス脂肪酸が本当に、そんなに危険なら、なぜマーガリン売っているのでしょうか?

本当にマーガリンが危険だとトランス脂肪酸どころかパンも食べれませんね。

パンを食べたらマーガリンやトランス脂肪酸など本当に危険かどうか別として食べてしまいますよね。

そこで今回は『マーガリンの危険は本当?トランス脂肪酸ってなに?』と題してマーガリンの危険性について大公開したいと思います。

【スポンサードリンク】

マーガリンは人体に悪影響の危険性

マーガリンは加工されてできているのをご存じでしょうか?材料となっているのは植物性や動物性の油脂(ゆし)からで、
油脂とは字のごとく脂肪でして、例えばパンのクロワッサンや霜降りの和牛、乳製品、お菓子などうまみを作ったり、触感をよくしてくれたりという
仕事をしてくれるので多くの人に好まれ、喜ばれているはずですが、人体には危険だと言われる本当のところはどうなのでしょうか。

マーガリンの主原材料は植物性油か動物性の油ですからこれだけでは危険だといわれないと思いますが
他の材料、例えば油と水分を混ぜあわせるために、油の粒子をさらに細かく細かくしていくと油と水分でも混ぜることができて
この油と水分を混ぜ合わせることを【乳化】というそうですが、乳化されたものに発酵された乳製品や食塩、ビタミン類などを混ぜ合わせ冷やし固めたものがマーガリンと呼ばれています。

使われる油によって風味が違ったり割合を変えたりすることでカロリーを抑えたりもできる加工食品の一つですが、液体状態から固形状態に加工する段階で
水素添加(オレイン酸、リノレン酸、リノール酸などのどれかを結合させることを水素添加と呼ぶ)をすることによって、問題とされているトランス脂肪酸が作られることもあるようです。

お手軽に買える、食べられるものの中にはトランス脂肪酸が多く入っています、例えばお菓子や菓子パン、ケーキ、ドーナッツ、ハンバーガーなど満腹感が満たされないため
食べる量も増えがちになるということでさらにトランス脂肪酸が体内へドンドン入れてしまう、摂取量を大幅に超えてしまい見た目の肥満、内臓肥満につながったりする。

トランス脂肪酸を過剰に取ると危険

加工された食品を食べすぎると、血液中に悪玉というコレステロールが一気に増えすぎ血液を送っている心臓にも大きな負担となる見方から出た危険を考えたらある意味本当だと思いますが
バターとはまた少し違いマーガリンは程よい柔らかさや口当たりのよさ使いやすさで言えば冷蔵庫に入れていても固まりすぎないのですぐにパンなどに使えるなどが好まれてる理由の一つだと思います。

加工されたものだけではなく、私たちが普通に食べている主食のお米や麺類、小麦粉類などがカロリーが高いのはご存知だと思いますが、天然のトランス脂肪酸が入っている霜降りのお肉や調味料などを取りすぎているとこれも問題です、加工されたものばかり気にしてると見落としがちとなり、結果的に心臓には負担をかけてしまうということにもなります。

【スポンサードリンク】

マーガリンは美肌に効果ありというのは本当だろうか?

マーガリンの材料となっている、植物性油や動物性油のまだ加工されていない段階だと人の細胞を生き生きさせる働きがあるそうですが、マーガリンを作る過程で生まれるこのトランス脂肪酸というのは人の細胞を弱らせてしまうことがあるのでマーガリンの素材だけを取り上げて美肌効果があるかもという間違った情報になっている可能性もありますよね

日本より海外の方がマーガリンは摂取されているかと思えば、一部の人が好きだったりで、スーパなどではやはりバターの方が売り場的には多いようですし、
ラベル表示にはトランス脂肪は入っておりませんということがワザワザ書かれているなど、日本よりも海外ではマーガリンは悪者として認識されているようです。

人によっての解釈が違い、すべてが悪いとも言えないのかもしれませんが、体内へ入れるものですが、忙しい今の時代、手軽に食べられるものを選んでしまうのも事実だと思います。

まとめ

マーガリンは酸化しにくいので冷蔵庫にもし入れ忘れていたとしても、意外に日持ちしやすいことでも親しまれるのだと思います。

またクッキーなどを作るときにも入れたりしますが、サクッとした口当たりの良さを出してくれるのはマーガリンのお仕事、どんなに危険だと聞いても
美味しく食べたい気持ちが勝ってしまうのだと思います。

ではなぜこのマーガリンは世の中に出回るようになったのかというと、1969年日本でいう明治2年フランスで牛脂と牛乳を上手く混ぜ合わせて冷やし固めたものを
マーガリンと呼びバターが手に入りにくくなった状態を補ったようです、ちなみにマーガリンという名前はギリシャ語で真珠という意味らしいですよ素敵ですね。

日本に入ってきた明治中頃はバターに似ていたこともあり、人工バターと呼んでいとありますが日本人独特のいいまわしです。

【スポンサードリンク】

まだまだ分かりずらいマーガリンですが、新たな情報が入り次第また大公開いたします。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2016年9月10日
最終更新日:2016年9月28日

カテゴリー:健康 医療 美容 食事 食事 食品

サブコンテンツ

このページの先頭へ