★年越しそばは大晦日のいつ食べる?そばを食べる由来とは?具にも意味がある?


今年も残すところ、あと少し。

年末の12月31日の大晦日になると多くの家庭で、年越しそばを食べますよね?

でも、なぜ大晦日に年越しそばを食べるのでしょうか?

なぜ大晦日なのか?

そして、なぜそばなのか?

年越しそばを大晦日に食べる由来は一体何が由来なんでしょうか?

なんとなくの風習がそのままだったりして、意味を知らなかったりしますよね。

また、大晦日に年越しそばを食べるのは、朝でも昼でもいつ食べるのでもよいのでしょうか?

年越し蕎麦、「年越し」とつくのだから、年を越しながら食べるもの?と思いますが、実際は大晦日の1日のうち、いつ食べるのが正しいのでしょうか?

いつ食べるのにも決まりはなく、タイミングはいつでもよいのでしょうか?

それから、年越しそばに入れる具は何がよいのでしょうか?

入れる具は意味があるのでしょうか?

そんな気になる年越しそばを食べる由来や、年越しそばは大晦日のいつに食べるのか、また入れる具についてクローズアップ!

今回は『年越しそばは大晦日のいつ食べる?そばを食べる由来とは?具にも意味がある?』についてご紹介します。

【スポンサードリンク】

年越しそばを食べる意味や由来は?

年越しそばは江戸時代に定着した日本の風習だそうです。

年越しそばの起源とされているのは江戸時代の中期の商家の習慣が元で、商家は月末にそばを食べる習慣があり、これが三十日蕎麦(みそかそば)と呼ばれていたそうです。

この習慣が変化し、大晦日にそばを食べる年越しそばになったと考えられます。

でも、なぜそばなんでしょう?

そばは細く長いことから、「長寿を願って食べるもの」という意味があるという話を聞いたことがあるかもしれませんが、細く長くなら、ラーメンやパスタ、細いうどんでも麺類ならいいのではないかと思いますよね。

年越しそばの由来は諸説あります。

 

  • 【長寿・長生き】そばのように細く長く生きられるように、という願いが込められています。
  • 【災難を断ち切る】そばは他の麺より、切れやすいことから1年間の苦労や厄災を切るためと言われています。
  • 【いつでも健康でいられる】そばの実がなるソバという植物はとても丈夫で、寒暖の差が激しい地域でも育てやすく、雨風に打たれても太陽の光に当たるとすぐに立ち直ります。

    このことから、ソバのように丈夫で健康にいられることを願って食べられているそうです。

  • 【金運上昇】江戸時代の金細工師が、年末の仕事納めに散らかった金粉を集める際、そば粉を練って丸めたものを使って金粉を集めていたそうです。

    そのそば粉が金粉を集める様子から、そばがお金を集めるという意味を持ったそうです。

  • 【そばを食べると体にいい】そばは昔から、体内の毒を取り去ると言われており、ルチンという血圧を下げたり動脈硬化を防止してくれる成分が入っていて、ビタミンB1・B2・タンパク質も豊富に含まれている体にいい食べ物です。
【スポンサードリンク】

年越しそばはいつ食べるもの?

年越しそばは、除夜の鐘が鳴ることに食べるのがよいのでしょうか?

昼食や夕食で食べて、食べる時間が早すぎたがために年越しそばのご利益が得られないなんてことがあったりするのでしょうか?

実際、そばを食べるタイミングは、厳密には決まっていません。
しかし、年越しそばを食べる理由として、一年の厄を断ち切るという意味から昼よりも夜がよいと言われています。

そのため、夕食として食べてもよいですし、日付が変わる前に軽く食べても問題はありません。

しかし、年が明けてから食べると、金運や健康運に恵まれないという言い伝えがありますので、年内に食べきってしまうようにしましょう。

年越しそばに入れる具材は?

知らぬ間に食べている年越しそばの具は、実は意味があるんです。

 

  • 【にしん】子宝に恵まれますようにという意味がある食べ物です。
  • 【海老】「腰が曲がるまで長生きできる」ことから長寿を意味し、お正月やお祝いの席でよくでる食べ物です。
  • 【油揚げ】商売繁盛の神様であるお稲荷さんが好きな油揚げは、新年の「金運」や「仕事運」を祈願する意味が込められています。
  • 【ネギ】1年の労を「ねぎらう」という意味があり、神社でおはらいをしたり清めたりする神職の「祢宜(ネギ)」などの言葉にかけて、来年の幸せと健康を祈ろうという意味も込められています。

    一般的によく入れられる具をご紹介しましたが、地域や各家庭によって入れる具材は様々かと思います。

    大事なのは、美味しく食べて幸せになることですので、お好きな具を入れて食べるのもOKです。

まとめ

今回は大晦日に食べる年越しそばについてご紹介しました。

【スポンサードリンク】

年越しそばを食べる時間に決まりはないので、昼食でも夕食でも、除夜の鐘を聞きながらでもいつでも食べて大丈夫です。
「年越し」と入っているので、年をまたいで食べるものと思われがちですが、年内に食べるようにしましょう。

今年も大晦日に年越しそばを食べて、よい一年を迎えてください。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2017年12月14日

カテゴリー:日常 行事 食事

サブコンテンツ

このページの先頭へ