腕の筋肉痛の原因と治し方!だるい時は病気を疑え?


スポーツなどをした後に、腕が筋肉通が原因で痛い時ってことがあると思います。

腕の痛みが、単なる筋肉通が原因でしたら安心ですが原因がわからず治し方もわからないと困りますね。

筋肉通以外の腕が痛い原因の治し方はどうしたらよいか、わからないです。

腕の筋肉通の原因がスポーツとかだったら、治し方の方法もありますね。

しかし、だるいという時もある方もいるようです。
特に運動をしていないけど、ただ腕がだるいという症状な場合の時には病気かもです。
そのような、だるい症状の時には病気かもと気にかけたほうがよいかもしれません。

だるいとなると治し方も変わってきますね。病気だったらなおさら。病気なら早めの対応が必要です。

今回は『腕の筋肉痛の原因と治し方!だるい時は病気を疑え?』として、腕の症状をみてみましょう。

【スポンサードリンク】

腕の筋肉痛の原因と治し方

腕の筋肉通はほとんどが運動が原因で、しばらく腕の痛みが残ってしまいますよね。

ではなぜ筋肉通がおこるんでしょう。
筋肉通は筋肉を構成する筋繊維や融合組織が損傷して、その炎症による痛みがきているといわれています。ほかに、乳酸という疲労物資が蓄積するからともいわれているようです。

この乳酸とはなんでしょう。乳酸とは、酸性の物資が筋肉にとどまって酸の影響で筋肉がかたくなるようです。それで、伸縮性が乏しくなって痛みや張った感じになるのです。

乳酸は糖分が分解されてエネルギーになる時に発生する物資なのです。ミトコンドリアによって酸化されて、再びエネルギー化する物資なのです。運動することで強度が高まり、酸化が間に合わなくなって疲労物資となり蓄積されてしまうということです。

そもそも乳酸の働きとして、脳神経に重要なエネルギー源ですが、筋肉にしたら筋繊維を損傷したり筋肉の硬化を招く存在としてみられているのですが、脳にとっては必要不可欠なエネルギー源です。

それでは筋肉通の治し方にいきましょう。
治し方には

【アイシング】
激しく痛む場合には、炎症を抑える為にまずアイシングで冷やす事が効果的ですね。特に、運動や筋トレをした当日使った筋肉をアイシングするのは賢明ですね。
冷やす事で血流を抑えて、筋肉の炎症も抑え痛みを軽減することが出来ます。

【筋肉を柔らかくほぐす】
硬化をほぐし、温めて血流がよくなるようにしていくのが有効です。血行がよくなって酸素が身体中に運び、栄養素も行きわたります。同時にリンパ液も流れるようになります。

ぬるま湯にゆっくり浸りリラックスしましょう。手でさする程度に軽くマッサージをすることをすすめます。力は入れずに簡単にでよいです。力を強くするとかえって損傷を強いてしまいます。

【温冷浴】
3分ほど42℃くらいの熱めの湯船に浸り身体を温めます。3分したら湯舟からでて、冷水シャワーを1分程浴びます。
いきなり心臓付近にかけるのは危険ですので、足先などから浴びるようにしてください。

暑い湯舟に3分から冷水1分。これを3~5回繰り返して下さい。

温冷刺激により毛細血管が伸縮し、血液の流れをよくします。筋肉通を引き起こす乳酸や老廃物など、疲労物資が体外に排出されやすくなり、疲労回復や筋肉通のケアに効果があります。

【睡眠】
なによりも睡眠が疲労回復には効果的です。成長ホルモンが分泌されて、運動で消耗した筋肉を修復してくれる働きがあります。
激しい運動のあとには、8時間程度の睡眠をとることが筋肉通の治りがはやまります。

それでもなかなか治らない場合には、無理をしないで病院へいきましょう。
ただの筋肉通ではないかもしれないですから、おかしいと思ったらまずはかかりつけ医院にいきましょう。

【スポンサードリンク】

だるい時は病気を疑うことも

さきほどは、運動後の筋肉通での腕の痛みをお話しました。
しかし、腕がだるいという症状がおきた時には注意が必要です。

実は病気の前兆の一つとされているのです。ここで例をあげてみますね。

【脳卒中の前兆】
脳卒中とは、脳血管が破れたり詰まったりすることで脳出血、脳梗塞、くも膜下出血などの病気の総称です。

前兆として、腕がだるいという症状があるのです。この場合急いで病院へいけば軽いうちに治療が済みます。では、その症状は
・腕の力がぬけるような感じ
・腕の内部がだるい・痛いといった症状
・左の腕と右の腕どちらにもあらわれる
・特に左の腕がだるいという状態
・片方の腕に起こるのが特徴

【胸郭出口症候群】
鎖骨や除骨周辺の筋肉が血管や神経の通りを圧迫し、肩甲骨周辺や腕・手指にしびれやだるさ、痛みの症状を起こします。ひどくなると筋力の低下や生活や仕事に支障をきたしてしまいます。

胸郭出口とは、鎖骨と一番上の除骨と斜角筋が作るすき間のことです。なで方の人は胸郭出口が狭い傾向があるので、胸郭出口症候群による腕のだるい症状が出やすいです。

・肩から腕にかけてだるい
・手がしびれる
・力がはいらない

【変形性頚椎症】
加齢により椎間板の軟骨が退化して薄くなります。脊髄の骨のはしがトゲのように出っ張ってきたり神経を刺激して痛みやしびれが起こります。変形性頚椎症は40代や50代の人がなりやすく50肩と間違われやすいです。

首の骨である頚椎やその関節が変形してその歪みのために、頚椎の中を通る神経が圧迫されます。圧迫されている神経が原因で、腕に痛み、しびれ、だるいなどの症状があらわれます。

・自覚があまりなく、肩こりや首の痛みな感じ
・症状が進むと後頭部に痛みがでて、腕のだるさやしびれ

【乳がん】
近年では定期健診で早期発見される人が増えてきているので、治癒率も高くなっています。

乳がんの初期症状として
・胸や脇の下に痛みをともわないしこりがある
・胸の皮膚が赤く変色
・胸の左右の位置がずれる
・腕がだるい

腕がだるいのが見落としされがちなので、注意が必要となります。腕に出てくる症状として、腕が疲れやすい、手がこわばる、よく物を落とすなどがあります。

まとめ

腕の痛みやだるさは、筋肉疲労なのか単なるだるさなのか症状がいろいろあるので、早めの受診をするのが一番よいと思われます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

人気記事はこちら

歯磨きをする時間、朝は食前 食後どちらが効果ある?

塩シャンプーのデメリットは茶色になる?口コミを調べてみたよ!

ガムの効果は顔や顎にどんな影響があるの?禁煙に効くって本当?

踏み台昇降の効果と時間はどれくらいやればいい?高さも調べてみたよ!

【スポンサードリンク】

湯シャンプーてふけが出ないの?抜け毛の出ない正しいやり方!

合わせて読みたい記事

記事公開日:2016年8月23日
最終更新日:2016年8月30日

カテゴリー:健康 食事

サブコンテンツ

このページの先頭へ