湯シャンプーてふけが出ないの?抜け毛の出ない正しいやり方!


毎日お風呂に入る時にはシャンプーをしてますよね。

そのシャンプーも自分の髪に合うのと合わないとないですか?合わなくて、ふけや抜け毛が増えたりして・・・

そんななか、「湯シャンプー」というのがあるのは知っていますか。

えっ!? 湯シャンプーってなんですか?

と、ご存知ない方もいるかもしれないですね。湯シャンプーはふけや抜け毛を改善すると言われています。
ふけや抜け毛を改善するって、そもそも湯シャンプーがどんなのか、またそのやり方もどうなのか。

湯シャンプーのやり方で、ふけや抜け毛が改善できるんですね。

今回は『湯シャンプーてふけが出ないの?抜け毛の出ない正しいやり方!』を調べてみようと思います。

【スポンサードリンク】

湯シャンプーってなに?

湯シャンプーが若者の間で流行っているのはご存じですか。

じつは、シャンプーやコンディショナーを使わないで「お湯」だけで髪を洗うのです。それを「湯シャンプー」と言われています

水やぬるいお湯のみで髪や皮脂汚れを落とす洗い方です。

さまざまな著名人の方々も取り入れている方法です。芸能人でも、タモリさん・福山雅治さん・YOUさん・梨花さん・黒木瞳さんなど実践していると有名になりました。

ふけが出なくなる?抜け毛は?

市販で売られているシャンプーの多くに合成界面活性剤という化学成分が含まれています。これは、皮脂を強制的に洗浄するパワーをもっています。洗浄上があるうえに、40℃くらいのお湯で頭皮をゴシゴシと洗っていたら頭皮にダメージを与えてしまいます。

シャンプーが綺麗に流れていないと、残留物が毛穴に詰まってしまう事にもなります。

頭皮によいと思って毎日シャンプーをしていますが、結果的に残留物が毛穴に溜まり薄毛の原因となったり、抜け毛、白髪などになりやすくなるようです。

しかも過剰に出た脂分で最近がこもってしまい、臭うようになったり、べたついたり、油分のバランスの乱れで皮脂が落ちて「ふけ」が多くでるようになるのです。

湯シャンプーの効果としては、体質や食生活にもよりますが、シャンプーを使用しない事で頭皮への刺激を抑えて自然な頭皮の油分をバランスよく整えて肌を守り、修復します。
そのため、薄毛・抜け毛・白髪・ふけの改善をして本来の健康的な強くて艶のある髪になるのです。

【スポンサードリンク】

湯シャンプーのやり方

正しいやり方と方法
【1.洗髪前のブラッシング】

洗髪する前(乾いている状態)にブラッシングをする。
効果があるのは、竹櫛(たけぐし)・動物の手を使用したブラシが効果的です。
髪や頭皮に付着したほこりやゴミを取り除く効果があり、頭皮の皮脂をなじませてその皮脂が髪を保護する役目をします。

【2.ぬるま湯で時間をかけて流す】

一般的に40℃前後のお湯やシャワーで入浴していると思います。しかし、40℃以上となるとシャンプー並みの洗浄力になってしまうので湯シャンプーの効果が半減してしまうのです。

シャワーの温度は33~35℃に設定しましょう。ぬるま湯で全体を洗い流します。
その後は3~5分ほどかけてたっぷりと流していきます。

【3.湯シャンプーの基本は指でマッサージ】

普段のシャンプーをする時のように、爪や指で強くゴシゴシと洗うのではなく、指の腹で軽く円を描くようにマッサージをします。
そうすることで、毛穴に詰まった汚れをお湯で浮かせて洗い流すのです。

注意点として、5分以上してしまうと余計な皮脂まで流してしまうので気をつけましょう。

【4.シャンプー後】
シャンプーをしたらトリートメント(リンス・コンディショナー)をされると思いますが、湯シャンプーをする際はトリートメントは使用しません。

トリートメントを使わないと、髪がキシキシになりそうだと声があがりそうですが、これは髪を中和させるために必要なのです。

痛んでいる髪ほどトリートメントしないといけないとキシキシしますが、髪が弱アルカリ性になっているからなのです。

湯シャンプーではトリートメントをしないので、こちらを試されて見てください。

「お酢」「クエン酸」を少量洗面器に入れ(小さじ1/2~1/3程)混ぜて髪や頭皮にかけます。
お酢やクエン酸は酸性ですので、アルカリ性になった髪を弱酸性に戻す効果があるので、キシキシ感も取り除いてくれるのです。

一つここで気になるのは、お酢の独特な匂いが多少すると思いますので、気になる人は薬局などにあるクエン酸で試されるとよいと思います。

【5.乾かす時のポイント】
乾かす時にゴシゴシやってしまては意味がありません。

髪の気を乾かす時には、タオルでしっかりと水分をとりましょう。押さえるように挟んで十分に水分を吸い取ります。

髪や頭皮は水にぬれている時が弱い状態とされているので、ガシガシとすると摩擦熱のほかに静電気も発生してしまうので乾かす時も優しく扱いましょう。

まとめ

始めは抵抗があるかもしれませんが、髪や頭皮のことを考えたら取り入れてみられたらよいかと思います。
最初は違和感があり、習慣化するまで変な感じがすると思いますが習慣する事で効果が得られますのでやってみられて下さい。

湯シャンプーは頭皮本来の力を取り戻し、自然治癒力を高める効果があるので、継続していかれることをオススメいたします。

最後までお読みいただきありがとうございました。

人気記事はこちら

ミントの育て方と効果効能!副作用は大丈夫?

正しい枕の高さは?バスタオルで調節し首の痛みをとる理想の高さ調整法とは?

風邪はポカリだけで治る?がぶ飲みOK?飲み方をわかりやすく解説!

水道水は沸騰何分くらいで塩素が飛ぶの?トリハロメタンって何?

【スポンサードリンク】

偏頭痛の原因は?男性と女性で違いが?ストレスが関係してるって本当?

合わせて読みたい記事

記事公開日:2016年8月27日
最終更新日:2016年9月1日

カテゴリー:健康 日常

サブコンテンツ

このページの先頭へ