ざるそばとせいろそばの違いと意味!カロリーはどれくらい?


以外と知らない!?ざるそばとせいろそばの違い!

昔から私たち日本人が食してきているお蕎麦。リーズナブルで時間に余裕がない人でもサッと食べれて、ダイエットでも注目されていることで幅広い年代で愛されています。その中でもよく聞く「ざるそば」と「せいろそば」。

みなさんはこの「ざるそば」と「せいろそば」の違いとそれぞれの意味をご存知でしょうか?また、ダイエットが流行っていることでカロリーなども気になる方も多いのではないでしょうか?

実は「ざるそば」と「せいろそば」はそもそも「もりそば」からきているものなんです。これらは同じように盛ってある蕎麦なのに違いや意味なんてあるの?刻み海苔がかかっているだけで違いや意味はそんなに変わらないのでは?と思うかと思います。

「ざるそば」と「せいろそば」の違いにはちゃんと意味があり、歴史があったんです!!

また、ダイエットでも人気のためカロリーも気になりますよね。
炭水化物だからカロリーも高いのではないか心配になる方も多いかと思います。実はそんなにカロリーは高くなく、炭水化物の中でもお蕎麦がダイエットに適している事がわかっています。
少しでもお蕎麦を美味しく楽しく食べる為に「ざるそば」と「せいろそば」の違いを『ざるそばとせいろそばの違いと意味!カロリーはどれくらい?』とし、それぞれの意味とカロリーについて迫ります。

【スポンサードリンク】

お蕎麦の誕生!

お蕎麦ははさかのぼること約400年前、江戸時代で流行り始めました。
つゆに付けて食べる蕎麦切り」が一般的でしたが、特に江戸時代はせっかちな方が多かった為、江戸時代中期頃から蕎麦につゆをかけて出すぶっかけ」が流行り始めました。そのぶっかけと区別するためにそれまでの蕎麦を「もりそば」と呼ぶようになりました。

もりそばはお皿などに盛られていましたが、深川(江東区木場の洲崎神社)にあった蕎麦屋の「伊勢屋」が他のお店との差別化を図るために竹ざるに盛ったお蕎麦を提供するようになりました。「ざるそば」の誕生です!

やがて明治時代にかけ「ざるそば」はもりそばと区別するために高価なそば粉を使ったり、コクの深いつゆを使うことで「ざるそば」がもりそばよりも高級な蕎麦として提供されるようになりました。
今現在ではそば粉やつゆにより「ざるそば」と「もりそば」を使い分けている店は少ないです。

続いて「せいろそば」ですが、蒸籠で蒸して提供されていたそうです。次第にこの調理方法はなくなり蒸籠に盛り付けた蕎麦を「せいろそば」、それ以外のお皿に盛りつけたそばが「もりそば」とし、そば粉やつゆ、調理方法は全く同じもので提供されるようになりました。

【スポンサードリンク】

お蕎麦でダイエット!?

最近流行っているダイエット。その中でも炭水化物ダイエットが注目され、蕎麦がいいとされています
では、なぜ蕎麦がいいのか?蕎麦のカロリーなどみていきましょう!

蕎麦がダイエットに適しているその秘密はそば粉にありました!
同じ麺でもうどんやラーメンは小麦粉でできています。
小麦粉はGI値というものが高く、血糖値を上昇させやすいです。
ですが、そば粉で作った蕎麦は低GI食品とされ、血糖値が上昇しにくく太りにくいのです!
また、栄養素であるルチンビタミンB群食物繊維が豊富のためアンチエイジング効果、便秘改善、美肌効果、病気の予防にいいとされているので、ダイエットに限らず蕎麦にはこれほどの魅力があるんです。

そして気になるのはカロリーですよね?
他の代表的な麺類と比較してみました。

ざるそば 約280kcal
かけうどん 約340kcal
ラーメン 約500kcal
ペペロンチーノ 約550kcal

カロリーだけみてもお蕎麦は比較的低いですよね。

まとめ

【スポンサードリンク】

「ざるそば」と「せいろそば」の違いについて紹介してきました。
今現在「ざるそば」と「せいろそば」の違いとしては、刻みのりがあるか、ないかと盛り付けの器の違いですが、昔は「ざるそば」は高級な蕎麦として提供されていたんですね。
そしてカロリーが比較的低く、炭水化物の中では健康的だということがわかりました。
お蕎麦パーティーなど美味しいお蕎麦をみんなで食べて楽しく過ごしてみてもいいかもしれません。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2016年9月6日
最終更新日:2016年9月8日

カテゴリー:健康 美容 食事 食品

サブコンテンツ

このページの先頭へ