重曹の食用と掃除用の違いは?安全?害はないの?


重曹って便利ですよね。掃除に洗濯に、歯磨きや美容に料理にと、なんにでも使える重曹は、まさに一家にひとつ、家事の万能選手といえます。ところでこの重曹には「食用」と「掃除用」があるのをご存知でしょうか。

食用の重曹と掃除用の重曹、どのような違いがあるのでしょう。食用の重曹は掃除に使える?掃除用の重曹は口に入れても大丈夫?安全性は?害はあるのでしょうか。違いを知らないと、もし害があったら大変なことになりますよね。

今回は『重曹の食用と掃除用の違いは?安全?害はないの?と題して、食用の重曹と掃除用の重曹の違いはなんなのか、口に入れても安全なのか、体に害はないのかなど、食用と掃除用の重曹の違いについて調べてみました。

【スポンサードリンク】

食用と掃除用の違いとは?

市販されている重曹には、大きく分けて3種類あるのをご存知でしょうか。「食用」「掃除用」そして「薬用」の3種類があります。この3種類の重曹は「炭酸水素ナトリウム」といって、成分は全く同じです。では何が違うかというと、不純物の含有量に違いがあるのです。

  • ・「薬用」不純物がとても少なく粒子が細かい
  • ・「食用」不純物が少なく粒子が細かい
  • ・「掃除用(工業用)」不純物が多めで粒子が粗い

精製する精度の違いでグレードが決まります。つまり、不純物が少ない=品質が良い、グレードが高いと言えます。薬用の重曹は薬などに使われるため一番不純物が少なく、次に食用が不純物が少なく、この2種類は食品として安全基準が厳しく設けられているので、食べても安心安全です。一方、掃除用は口に入れるものではないのであまり精製の精度が高くなく、不純物が一番多くなっています。掃除用重曹は食用には作られていません。

重曹の成分自体は食べても体に害はありませんが、掃除用重曹の場合、掃除用の添加物が含まれている物もあるので、口に入れないほうがよいでしょう。また、薬用重曹や食用重曹は食品なので食べても安全とはいえ、1日の摂取量は5グラム以内と定められています。「炭酸水素ナトリウム」なので、摂り過ぎると塩分過多の状態になりますので気をつけましょう。

【スポンサードリンク】

それぞれの重曹の使いみちは?

不純物の含有量が違う3種類の重曹は、それぞれ用途が違います。
・薬用重曹
医療用とも言います。薬局で売られていますが、一番値段が高いです。胃薬や美容に使われます。

  • ・食用重曹
    ふくらし粉として使ったり、揚げ物の衣、筍やアクの強い食材のアク抜きに使います。また、肉にすりこんでしばらく置くと肉が柔らかくなります。野菜や果物を洗うときに使えば、農薬落としにもなり発色が良くなります。
  • ・掃除用重曹
    キッチンの頑固な油汚れ落とし、排水溝のぬめり取り、お風呂掃除やトイレ掃除、水に溶かしてスプレー容器に入れれば家中の掃除に使える万能汚れ落としスプレーにもなります。消臭剤としての効果もあります。洗濯に使えば漂白剤・柔軟剤にもなります。
    薬用重曹、食用重曹は掃除にも使えますが、掃除用重曹は薬用・食用には適していません。掃除だけでなく料理など様々な用途に使用したい場合は、食用重曹を購入するとよいでしょう。

まとめ

【スポンサードリンク】

いかがでしたか?
食用重曹と掃除用重曹の違いは、不純物の含有量であることが分かりました。重曹は様々な用途に活用でき家にひとつあると大変便利です。
食用にも掃除にも使いたい場合は、食用重曹を購入するようにしてくださいね。歯みがき粉や洗顔料、入浴剤として使う場合も食用重曹を使用するようにしましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2016年9月28日
最終更新日:2016年9月30日

カテゴリー:食事 食品

サブコンテンツ

このページの先頭へ